離婚しても苗字(姓)は変えたくない時の離婚届の出し方

スポンサーリンク

夫とは別れたいけど、

・会社でも婚姻中の苗字をずっと使っているから離婚して旧姓に戻ると面倒

・子供は離婚後に夫との戸籍から抜いて自分の離婚後の戸籍にいれたいけど、子供の苗字が変わると学校が、、、

・旧姓に戻したら免許証や銀行など、あらゆるものの名義変更が面倒

などなど、離婚して旧姓に戻ることについて心配に思っている方もいらっしゃるでしょう。

今回は離婚後の苗字(姓)についての解説です。

離婚しても必ず旧姓に戻らなくてもよい

まず初めにお伝えしたいのが、離婚したからといって必ず旧姓に戻らなければならないというわけではない、ということです。

離婚しても婚姻中の苗字でいることは可能です。

そしてこれには夫や義理の両親の同意も必要なく、本人の意志で選択することが可能です。

また、何年間婚姻を継続していないとダメという決まりもありません。

別れた夫の苗字(姓)を使い続けることに心情的にどうかという点については個人差がありますので

そこは旧姓にもどるか婚姻中の苗字(姓)を使い続けるかご自身で判断しましょう。

離婚後に婚姻中の苗字(姓)を選択するメリット・デメリット

メリット

離婚後も婚姻中の苗字(姓)を使い続けることのメリットは

  • 免許・保険証・カード類・銀行等の名義変更がいらない
  • 子供を自分の新戸籍に入籍させても子供の苗字(姓)が変わらない

などがあります。

結婚した時にも各種の名義変更をするのは大変だったと思いますが、旧姓に戻すともう一度同じ作業が発生するわけです。それがないというのが婚姻中の苗字(姓)を続ける一つのメリットでしょう。

また、こちらでも書いたとおり、親が離婚しただけでは子供の戸籍は変わりません。
離婚したら子供の戸籍はどうなるの?親権と戸籍は連動するか?

別れた夫の戸籍に子供を残したままになるのが嫌な場合、妻の離婚後の戸籍に子供を入籍させる手続きをとることが可能ですが、

妻が離婚後に旧姓にもどっていれば、必然的に入籍した子供の苗字(姓)も妻の旧姓となります。

子供が小さいうちはまだいいですが、小学校以降はやはり途中で苗字(姓)が変わることに抵抗を覚える場合もあるかと思います。

そんなときも婚姻中の苗字(姓)を選択していれば、子供を夫の戸籍から抜いて母の新しい戸籍に入籍させても子供の苗字は変わらないというメリットがあります。

デメリット

婚姻中の苗字(姓)を選択するには、離婚届と一緒に、もしくは離婚後3か月以内もう一枚「離婚の際に称していた氏を称する届」という用紙に記入して提出することになります。

しかし、一旦この届を出すと、

「やっぱり旧姓に戻したい」となった場合、家庭裁判所で申し立てをし、許可をもらった後にお役所に氏の変更届を出さなくてはなりません。

イメージは離婚後に子供の入籍届をする流れと同じような感じでしょうか。

ぱっとお役所に行ってぱっと旧姓に戻す、というこができないのです。

もちろん、家庭裁判所の許可を得れば旧姓に戻すことはできるので、その手間が必要ということがデメリットと言えるでしょう。

婚姻中の苗字(姓)を使うための手続きは?

「離婚の際に称していた氏を称する届」(戸籍法77条の2の届出)に本人が記入して提出するだけです。

画像引用元→松山市HP

この届けは、離婚届と同時に出しても勿論構いませんし、

離婚届を出した後、3か月以内であれば後から出すことも可能です。

義理の実家がうるさくて、、、という場合などは、

一旦離婚届を出して旧姓に戻し、

しばらくしてから「離婚の際に称していた氏を称する届」を追加で出すという手もあるでしょう。

ちなみにこの場合、旧姓での戸籍が一旦作成されて、その後婚姻中の苗字(姓)の戸籍が作られることになります。

離婚届と同時に「離婚の際に称していた氏を称する届」を出した場合は、旧姓での戸籍ができることはなく、離婚後ダイレクトに、婚姻中の苗字(姓)を使った妻の戸籍ができるという違いがあります。

できるなら離婚届と同時に「離婚の際に称していた氏を称する届」を出す方がすっきりはしていますね。

こちらも記事もどうぞ

離婚届の用紙もダウンロード可能。コンビニで拡大コピーすれば使用できます。
最近はキャラクターものなどの可愛いこだわり婚姻届や出生届が出回っていますが、さすがに離婚届はまだ昔ながらのごく普通の用紙が主流です。 ...
離婚したら子供の戸籍はどうなるの?親権と戸籍は連動するか?
結婚後、3組に1組の夫婦が離婚しているといわれる昨今。 離婚もまた結婚と同じく新しい人生の門出です。 しかし気になるのは...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする