婚姻届をリゾート等の一時滞在地で提出して入籍したい!持ち物や絶対やっておくべきことは?

スポンサーリンク

プロポーズされたディズニーランド近くのホテルで挙式&披露宴後に

そのまま浦安市へ婚姻届を提出しに行く。。。

沖縄でリゾート婚を挙げて、そのままお役所に行く。。。

特典付きの自治体コラボご当地婚姻届を持って旅行がてらその自治体で提出する。。。

などなど、自分たちの住んでいる場所や本籍地以外の場所で婚姻届を提出したいカップも多いでしょう。

これらの場所は「一時滞在地」と言われます。

この住所地でも本籍地でもない「一時滞在地」で婚姻届を提出する際の注意点についてまとめてみました。

突然お役所へ行って「結婚したいので婚姻届を下さい、今日入籍したいです」というのは不可能です。ご注意ください!

1. 持ち物

こちらの記事でも紹介しておりますのでまずご確認ください♪

婚姻届を出そう!必要書類は?戸籍謄本は提出先次第。有効期限も要確認!
恋人から夫婦への大きな一歩、それが婚姻届です。 届書たったの1枚ですが、出す前はただの恋人、出した後は夫婦となります。 幸せと緊張が混ざっ...

戸籍謄本

上記の記事読んでいただいた方はすでにご納得いただけるかと思いますが、

「一時滞在地」ということは夫も妻もどちらも本籍地でないということです。

ということは、婚姻届を提出する際には夫と妻(になる人)の双方の「戸籍謄本」が必ず必要

になります。

事前に入手して婚姻届と一緒に提出しましょう。

証人記入済みの婚姻届

婚姻届の用紙は自分でダウンロードしても、自宅近くのどこかの役所の窓口でもらってきた用紙でも構いません。

市区町村によっては左上の「~市長」宛のところがすでに印字されているものがありますが、その用紙で違う市区町村へ提出することもできます。

提出を受けたお役所がさっと直してくれるのでそれは問題ありません。

用紙が準備できたら、まず夫と妻の記入すべき箇所(婚姻届の左側)をざっと記入し、

右側の証人欄へ2名の証人に記入してもらいましょう。

通常の婚姻届の場合、証人が2名必ず必要です

いきなり窓口へ行って婚姻届に記入&提出できない理由がこの「証人」です。

結婚する本人たちの情報は自分のことですからその場で記入することもできますが、証人はそれぞれ自筆の署名と捺印が必要になるのでその場で調達することはできません。

特に一時滞在地で提出する場合、かならず事前に証人2名に婚姻届へ記入&捺印しておいてもらいましょう。

印鑑

婚姻届を提出するとお役所でその内容の審査が入りますが、結構細かい訂正が入ったりすることがあります。

その際、訂正印が要る場合がありますので、婚姻届で捺印した印鑑は必ず持参しておきましょう。

滞在地の住所がわかるもの

一時滞在地で提出する場合、本人たちが婚姻届を提出した時にどこにいるのかということを確認するため、滞在地の住所が必要になる場合があります。

リゾート婚などの際は、ホテルの住所がわかるものを持参しておきましょう。

スマホで検索すればすぐわかりますが、、、

2. 絶対やっておいた方がいいこと

絶対やっておいた方が良いことは

「事前に近くの役所でチェックしてもらう」

ということです。これに尽きます。

実際に提出するお役所でなくても、新本籍の地番を確認したり、記入漏れや必要書類の確認などをしてくれますので必ず!行っておきましょう。

一時滞在地で婚姻届を提出する場合、一番困るのが、何かあった時の訂正です。

たとえば、一時滞在地で窓口の時間外に婚姻届けを提出したと仮定しましょう。

いざ中身をお役所の方で確認したところ、記入や添付書類に不備があった。

お役所から訂正にきてくださいと後日電話があったものの、用紙は一時滞在地のお役所ですが、自分たちはすでに帰宅している。

となると、また提出した一時滞在地のお役所へ行かないといけない!などということになってしまう場合があります。

何度も言いますが、

上記のようなトラブルを避けるため、必ず!事前に近くのお役所へチェックしてもらいに行きましょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする