養子であることを隠すことができるのか?

スポンサーリンク

自分たち夫婦に子供がなく、養子を迎えたが、

自分たちの本当の子供として愛情をたっぷり注いで育ててきた。

子供も、自分たちが本当の親だと思っているので、子供が養子であることを隠したい。。。

と思われる養親の方も少なくないでしょう。

心情はとてもよくわかるのですが、

残念ながら、子供が養子であることを隠しきるのは簡単なことではありません。

条件が厳しい「特別養子縁組」をしているなら、戸籍の知識がある人でなければおそらく子供が養子であることに気づく可能性は低いですが、

普通の養子縁組の場合は隠しきることは難しいです。

戸籍謄本をとればわかるのですが、

子供の「父」「母」欄の下には「養父」または「養母」として養親の名前が必ず入っています。

実父母と養父母の名前が記載されているのです。

また、戸籍謄本にはいつ養親と子供が養子縁組をしたかという情報も入っています。

養子離縁をしない限り、

養子である子供の戸籍からこの情報を消すことはできません。

例えば進学、結婚、旅行のパスポート申請用。。。などなど、

子供が大きくなれば戸籍謄本を目にする機会も増え、自分たちが実の親でないことを隠しきることは難しくなるでしょう。

ずっと知らずにいた事実を、ふとした拍子に知ってしまうのが良いのか、

事実を話して、それでも自分たちはあなたを本当の子供だと思っているということを話すのか、

いろいろな方法があるので、家族にとってベストな方法を考えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする