離婚約って何?そのポイントとメリット・デメリットについて

スポンサーリンク

インスタントジョンソンのじゃいさんが

自身のブログで

妻との「離婚約」の記事をのせて大きな反響があったのが2017年5月。

3ヶ月後の8月には本まで出版されています。

離婚約ってなに??

まずは離婚約とはどういうものかという点についてですが、

その名のとおり「婚約」の反対です。

何年後に、

こういう条件で離婚しましょう

というような詳しい取り決めをすることです。

  • 財産分与
  • 子供の親権
  • 養育費
  • 面会交流の回数
  • 離婚理由

を具体的にまとめて取り決めます。

冒頭で紹介したインスタントジョンソンのじゃいさんの場合、お子様が小学校にあがる四年後に離婚の約束をしたとのことですが、

猶予期間がある、ということが離婚約のポイントになります。

離婚約のメリットとデメリットは?

ミヤネ屋に出演された夫婦問題の研究家として有名な

岡野あつこ先生もおっしゃっていましたが、
離婚約にはこのようなメリットとデメリットがあります。

メリット
  • 互いに離婚後の生活に向けた準備ができる
  • 反省の機会を与えることで、本気で改心すればやり直せる可能性がある

デメリット
  • 離婚約の期間中に財産を隠される可能性がある
  • 開き直りによりさらに関係が悪化する可能性がある
  • 子供がてなずけられる可能性がある

離婚約にはこのようなメリットデメリットがありますが、

個人的には離婚約とはお互いを見つめなおしてやりなおすチャンスを手に入れるためのもののように思います。

妻または夫に離婚約をつきつけられたら、

まずは自身のこれまでの行いを振り返り、

直すべき点は直すということが肝心です。

基本的に本当に嫌ならすぐ離婚する人も多いでしょうし、

離婚約を打ち出すならまだ修復するチャンスはあるはずです。

離婚約はあくまで夫婦間の間のもので、

実際に離婚届をお役所に提出するまで「離婚」ではないのですから、もちろん離婚約は取り下げることは可能です。

すぐ離婚届に判をおすのではなく、

離婚約という方法を使ってお互いのことを見直してみるというのもこれは一つの手かもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする