離婚歴を消したい!前の夫・妻・子などの情報を戸籍から消す方法

スポンサーリンク

離婚した過去が戸籍に残っていると、

再婚するときに再婚相手が元夫や元妻の情報と一緒に戸籍に載ることがあります。

当然新しい夫または妻に

前の結婚相手がどういう人で、例えば何歳の子供がいるということがバレてしまいます。

再婚しようという二人ですから、離婚歴があるということはもうお互い知っている事実とはいえ、戸籍に具体的に前の結婚相手の情報や子供の情報が載っていて、

しかも自分もその戸籍にはいるとなると、

あまりいい気のするものではないでしょう。

そこで一つの方法として

今の市区町村から一旦違う市区町村へ「転籍」する

という手があります。

※同一の市区町村内で転籍してもダメですのでご注意ください

違う市区町村へ転籍することで、

離婚してすでに除籍(戸籍からいなくなっている)夫や妻の情報が消えるためです。

妻と離婚して、現在の戸籍には

・自分(筆頭者)

・元妻(離婚で別戸籍に移動)

・子供(上記の元妻の戸籍に入籍届済み)

という情報が載っている場合、

転籍すると

・自分(筆頭者)

だけの情報が残ります。

これで元妻の生年月日だったり、離婚日だったりという情報が最新戸籍からは見えなくなるわけです。

この状態で再婚すれば、

・自分(筆頭者)

・新しい妻

と戸籍に載って美しい戸籍が出来上がるということになります。

これは転籍する一つのメリットではありますが、

転籍にはメリットもデメリットもありますので、

そのあたりはこちらの記事をどうぞ

本籍の変更(転籍届)のメリット・デメリットについて
本籍地を変更する(転籍)のメリットとデメリットについてまとめてみました。 転籍するメリット 1、利便性 転籍するメリットはなん...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする