親が離婚や再婚をした時、子供の戸籍上の続き柄や父母は?

スポンサーリンク

親が離婚したり再婚した時、戸籍上の子供の続き柄がどうなるかという点について考えてみましょう。

大前提として、戸籍の父母欄には実父母の名前が載り、

続き柄は実父母との続き柄です。

(特殊な例として特別養子縁組がありますが一旦除外します)

父が山田太郎さん

母が山田花子さん

そして子供が長男だとします。

親が離婚した場合

離婚しても実父母には違いありませんので、父母欄に載るのは実父母で変更ありません。

続き柄も変更ありません。

父:山田太郎

母:山田花子

続き柄:長男

母が旧姓に戻っても、子供の戸籍に移動がなければ基本的には山田花子のままです。

親が再婚した場合

離婚した母が再婚したとしても、父母との続き柄は変わりません。

父:山田太郎

母:山田花子

続き柄:長男

子供の戸籍に移動があるときなどは母が再婚後の名字の表記になりますが、

ともかく実父母が載ることに違いはありません。

続き柄も変わりません。

親の再婚相手と養子縁組した場合

例えば離婚した母が佐藤一郎さんと結婚し、子供(未成年独身)は佐藤一郎さんと養子縁組したとします。

その場合は父母欄の下に養父の情報が追加されるだなので、

実父母との続き柄は変わりません。養子縁組でなるのは「養子」か「養女」になるだけで、長男が次男になったりするわけではありません。

因みに、養子縁組によって子供は佐藤一郎さんの戸籍に移動するので、移動後の戸籍では母の名字は「佐藤花子」になります。

父:山田太郎

母:佐藤花子

続き柄:長男

養父:佐藤一郎

続き柄:養子

まとめ

以上、戸籍の父母欄にある名前は、実父母の名前ですので、
実父母が離婚しようが再婚しようが実父母には違いありませんから、当然続き柄は変わりません。

実親との関係はきれないのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする